株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > アンチエイジングの要!カルシウムのはたらき

アンチエイジングの要!カルシウムのはたらき

骨の健康について考えたことがありますか?長く健康な身体を保つためには、運動の軸である骨が健康であり続けることが重要です。骨を形成する栄養素「カルシウム」について今一度理解を深めましょう!

美しく健康な体をつくる、骨の3つのはたらき

1.体を支える

  まっすぐ美しい姿勢は、体の支柱となる骨の健康によって成り立っています。

2.重要な体の器官を守る

  脳や心臓、肺などの器官を囲むことで、大切な体の内面を守っています。

3.血をつくる

  骨の内部にある骨髄で、血液の成分である赤血球、白血球、血小板が生成されています。

骨に蓄える大切な栄養素 カルシウム

カルシウムは骨の材料となる最も重要な栄養素です。骨はカルシウムの貯蔵庫の役割をしており、血液中のカルシウムが多い時には骨に貯蔵し、少ない場合には骨から流出することで、血中のカルシウムは量を常に一定に保っています。血液にも骨にも充分な量のカルシウムを蓄えることで、健康で丈夫な骨が生成されているのです。

○カルシウムが不足するとどうなる・・・?

・骨折や骨軟化症
・骨粗しょう症を起こしやすい
・歯が弱くなる
・精神が不安定になり、イライラしてしまう

カルシウムが不足することで、若々しく健康な生活が脅かされる危険があります。
カルシウムは体内でつくることができないため、日々の食事で摂取し続けることが大切です。

カルシウムを多く含む食品

カルシウム

カルシウムは日本人が不足しがちな栄養素の一つです。カルシウムの1日あたりの推奨摂取量は18歳以上で約650~800mgとされていますが、日本人の多くは150~300mg程度不足しているといわれています。
不足分のカルシウムを補うため、毎日の食事にカルシウムを多く含む食品を取り入れましょう。

種類 多く含む食品 1食あたりの目安摂取量 カルシウム含有量
乳製品 牛乳 コップ1杯(200CC程) 220mg
プロセスチーズ 約1片(20g程) 126mg
ヨーグルト 1個(100g程) 120mg
魚介類 ししゃも 2本(40g程) 140mg
干しエビ 大さじ1(8g程) 568mg
野菜類 小松菜 2株(60g程) 102mg
藻類 ひじき 8g程 80mg
カットわかめ 5g程 41mg
豆類 生揚げ 1/2枚(100g程) 240mg
木綿豆腐 1/3丁(100g程) 86mg
調整豆乳 コップ1杯(200CC程) 62mg

吸収率UP!カルシウムはビタミンDと一緒に

ビタミンDは腸から吸収されカルシウムを骨に沈着させるはたらきがあるため、カルシウムはビタミンDと一緒に摂取すると、体内への吸収率が高まります。

○ビタミンDを多く含む食品
・青魚(いわし、さんま、さば など)

さんまの塩焼き

・きのこ類(きくらげ、しいたけ など)

しいたけ

日常の食生活の中で上手にカルシウムを取り入れ、いつまでも若々しく健康な体を保ちましょう。

カルシウムの摂り過ぎには注意!

健康で美しい体をつくるのに必要なカルシウムですが、摂れば摂るほどよいというものでもありません。摂り過ぎてしまうと泌尿器系結石やミルクアルカリ症候群の原因となりうる可能性があるため、適量を心がけることが重要です。通常の食事で摂りすぎることは稀ですが、サプリメントでカルシウムを摂る場合には十分注意してください。

関連コラム

カラダ健考ナビ