株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 関東と関西で味が違う?全国のご当地お雑煮について

関東と関西で味が違う?全国のご当地お雑煮について

お正月のお雑煮は、新しい一年の無事を祈り食べる、日本の伝統料理のひとつです。お雑煮には地域によって様々な特色があります。今回は、全国各地で食べられている、個性豊かな“ご当地お雑煮”をご紹介します。

関東と関西のお雑煮の違いとは?

同じ日本でも、関東と関西では具も味も大きく異なるお雑煮が食べられています。

関東風  関西風
関東風のお雑煮 関西風のお雑煮
醤油仕立てのすまし汁 味噌仕立て
お餅 角餅(焼くことが多い) 丸餅(煮ることが多い)
主な具材 鶏肉、大根、にんじん、
かまぼこ、三つ葉など
里芋、大根、にんじんなど

個性豊かな“ご当地お雑煮”

ご当地の特色あふれるお雑煮の一部をご紹介します。地域の特徴に沿った魅力的なお雑煮を、ご家庭で試してみてはいかがでしょうか?

○岩手県:くるみ雑煮

関東風のすまし汁に焼いた角餅が入るお雑煮とともに、すりつぶしたくるみを砂糖やだしで甘く味付けしたタレがそえられます。お雑煮のさっぱり感と、くるみダレのこってり感がやみつきになるメニューです。

○愛知県:名古屋風雑煮

名古屋らしく味噌たっぷりかと思いきや、すまし仕立ての出し汁に角餅を煮たタイプのお雑煮です。具材は「もち菜」という名古屋の伝統野菜を使用しており、さっぱり爽やかな味わいを楽しめます。「もち菜」が手に入りづらい場合は小松菜を代用してつくってみましょう。

○鳥取県:小豆雑煮

県中部で多く食べられている小豆雑煮は、小豆の煮汁にやわらかく煮た丸餅が入っています。ぜんざいに似ていますが、お隣の出雲の国 島根県はぜんざい発祥の地であるため、小豆がなじみ深い食材だったのではといわれています。島根県でも多く食べられているお雑煮です。

○沖縄県:中身汁(イナムドゥチ)

もともとお雑煮を食べる習慣が薄い沖縄では、お雑煮を食べる代わりに、豚のモツなどの入った白味噌仕立ての味噌汁を飲む習慣があるようです。お餅が入っていない変わりに、豚モツのコリコリした食感と白味噌特有の甘い汁を楽しむことができます。

※上記は一例です。

お雑煮のお餅はいくつまで?

ご飯よりもカロリーが高く、太りやすそうなイメージのお餅ですが、実はお餅のカロリーは切り餅1個で約117kcal。ご飯1杯の約1/2杯分程度しかありません。お餅で太る大きな要因は、美味しくてついたくさん食べてしまうことです。5~6個食べるだけで一気にご飯2.5~3杯分のカロリーになるので、お雑煮1杯に対し切り餅は2個(ご飯約1杯分のカロリー)まで、と決めて食べれば食べ過ぎ予防になります。

関連コラム

カラダ健考ナビ