株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 知って防ごう!食中毒にご用心

知って防ごう!食中毒にご用心

気温と湿度が上昇し、ジメジメと蒸し暑くなる6月から9月は、「細菌性食中毒」の発症件数が
増加します。食中毒菌の特性や予防方法を知って、食中毒を予防しましょう!

食中毒の原因となる代表的な細菌

【腸管出血性大腸菌(O157やO111など)】

≪主な原因食品≫
 ・生肉や加熱不足な肉、これらに汚染された食品など
≪主な症状≫
 ・激しい腹痛、水様便、出血性の下痢
 ・乳幼児や高齢者は重症化し死に至る場合もある

【サルモネラ属菌】

≪主な原因食品≫
 ・卵、卵の加工品、食肉(鶏肉、レバーの生食)など
 ・ペット(犬、猫、カメなど)を介して食品を汚染する場合もある
≪主な症状≫
 ・腹痛、下痢、嘔吐、発熱

たまごイメージ
【カンピロバクター】

≪主な原因食品≫
 ・食肉(鶏肉、レバーの生食)、飲料水、生野菜など
≪主な症状≫
 ・腹痛、激しい下痢、発熱、嘔吐、倦怠感
 ・初期症状は風邪と似ていることもある

鶏肉イメージ
【ウエルシュ菌】

≪主な原因食品≫
 ・大量に調理する煮込み料理(スープ、カレーなど)
≪主な症状≫
・下痢、腹痛(通常は軽症で1日で回復)

家庭でできる!食中毒を防ぐポイント

買い物

○消費期限を確認する
・買ったらすぐに帰り、生鮮食品はすぐに冷蔵庫に入れる

家庭での保存

○冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下にする
・冷蔵庫、冷凍庫内は食品を詰め過ぎないようにする
・肉・魚は汁が漏れないよう袋等に包んで保管する

下準備

○生肉、魚は生で食べるものと近づけない
・生肉、魚を扱った器具はしっかり洗い、消毒する
・こまめに手を洗う
・生野菜は流水でしっかり洗う

生野菜イメージ
調理

○肉や魚は十分に加熱する
(肉は中心に赤い部分が残らなくなるまで)
・途中で調理をやめる場合は食品を冷蔵庫に入れる

食事

○食前に石けんで手を洗う
・作った料理は長時間室温に放置せず、冷蔵庫に入れる
・盛付けには清潔な器具、食器を使う

残った食品

○清潔な容器に小分けして保管する
・温め直すときは十分に加熱する

関連コラム

カラダ健考ナビ