株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > たくさん摂ればいいってものじゃない!?健康食品の正しい活用方法とは

たくさん摂ればいいってものじゃない!?健康食品の正しい活用方法とは

「トクホ」の商品など、いまやスーパーやコンビニで販売する商品にもなっている健康食品は、手軽に栄養素を摂取できるので、今までに使用したことがある方も多いのではないでしょうか。いかにも体によさそうな健康食品はたくさん摂れば良い効果がでるのかと思ってしまいがちですが、健康食品には間違った使い方が原因で体調を崩すこともあるため、注意が必要です。

そもそも「健康食品」って何?

健康食品は、「国が特定の機能の表示などを許可したもの」と「そうでないもの」の大きく2つにわけられます。国が機能表示を許可したものは3種類ありますが、それぞれ基準が異なります。

健康食品 保健機能食品
※機能性の表示ができる
特定保健用食品 国が効果や安全性を審査し、消費者庁長官が許可したもの
栄養機能
食品
審査はなく、指定の栄養素や成分が基準値内であれば、事業者の責任で機能性を表示
機能性表示食品 企業が科学的根拠を提出する届出制で、事業者の責任で機能性を表示
一般食品
※機能性の表示ができない
(栄養補助食品、健康補助食品、栄養調整食品といった表示で販売されている食品は一般食品)

「保健機能食品」は、国が機能表示を許可していますが、効果や安全性を国が審査しているのは、特定保健用食品(通称トクホ)のみです。

健康イメージ

健康食品の正しい使い方とは?

①まずは食事をきちんと摂る

「足りない栄養素を補うもの」として活用し、食事の替わりにしないようにしましょう。

食事イメージ
②薬のような使い方はしない

健康食品と薬は全くの別物で、摂取する事で病気が治るわけではありません。また、服薬中の場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。

薬イメージ
③複数の種類を同時に摂らない

健康食品に含まれる成分同士の相互作用が不明なものも多くあるため、複数製品の同時摂取は控えましょう。

薬イメージ2

※使用する場合は、製品に記載されている「適切な使用法」や「使用上の注意事項」をよく読んで守るようにし、万が一体調が悪くなった場合は、すぐ使用を中止し、医療機関を受診しましょう。

健康食品は、たくさん摂ればいいというわけではありません。「健康食品の使用と一緒に、運動も
始めてみよう!」など、食生活や生活習慣を見直すきっかけになるような使い方をしたいですね♪

出典:「健康食品の正しい利用法」厚生労働省

関連コラム

カラダ健考ナビ