株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 鼻がムズムズしてきたらコレ!食事で効果的な花粉症対策

鼻がムズムズしてきたらコレ!食事で効果的な花粉症対策

今や国民病ともいわれる花粉症。この時期お悩みの方も多いのではないでしょうか?マスクなどで花粉を取り込まないようにすることも大切ですが、体の中から対策する方法をご存知でしょうか。今回は花粉症対策に効果的な食事をご紹介します!

そもそも「花粉症」って何?

花粉症の正体は、花粉に対して体が起こす「アレルギー反応」です。体の免疫機能が花粉に過剰に反応し、くしゃみや鼻水、涙が出たり粘膜に炎症が起きたりします。誰でもなる可能性があり、春先のスギ花粉だけでなく、他の季節に飛散するヒノキやブタクサの花粉でも反応することがあります。

コレを食べて対策!花粉症に効果的な栄養素や成分

①乳酸菌

乳酸菌の働きによって腸内環境が整うことで、免疫機能改善効果が期待できます。
●乳酸菌を多く含む食材…チーズ、ヨーグルト、ぬか漬け

チーズ
②EPA・DHA

N-3系多価不飽和脂肪酸には、アレルギー反応を抑制する働きがあるといわれています。
●EPA・DHAを多く含む食材…さば、あじ、いわし

さば
③ビタミンB6

免疫機能を正常に維持し、不足するとアレルギー症状が出やすくなるといわれています。
●ビタミンB6を多く含む食材…ブロッコリー、さんま、バナナ、

ブロッコリー
④ポリフェノール

活性酸素を抑制する働きがあり、アレルギーを引き起こす原因物質である「ヒスタミン」の抑制効果もあるといわれています。
●ポリフェノールを多く含む食材…れんこん、しそ、緑茶

れんこん

※食事での対策も大切ですが、花粉症と思われる症状が出たら、まずはきちんと病院で診察を受け、適切な治療を受けるようにしましょう。

花粉症の時に摂らない方がよいもの

花粉症の症状が出始めたら、アルコールや唐辛子などの刺激物は控えましょう!アルコール類は、血管を広げて鼻づまりや粘膜の炎症を悪化させることがあります。また、唐辛子などの香辛料も粘膜の毛細血管を刺激するため、控えたほうがよいといわれています。

関連コラム

カラダ健考ナビ