株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > お肉の部位と特徴を知って、もっとおいしく肉料理を食べよう!

お肉の部位と特徴を知って、もっとおいしく肉料理を食べよう!

肉料理を作る際にスーパーでのお買い物において、部位に注目してお肉を選んでいますか?お肉は豚や鶏、牛、羊など様々な種類がありますが、部位によってその特徴もそれぞれ異なっています。今回は日々の食事でもよく食べられている「豚肉」と「鶏肉」の部位の特徴と、部位ごとに良く合うオススメ調理方法等をご紹介しますので、よりおいしくお肉料理を食べられるよう、是非チェックしてみてください!

疲労回復やストレス緩和に効果的といわれる「ビタミンB1」が豊富!豚肉の部位

豚肉の部位
〇トントロ

豚の頬から首の部分の肉。脂肪が多く、焼肉で食べられることが多い。肉ではなく、内臓肉に分類される。

〇肩

霜降り状に脂身がのり、豚肉本来の旨味が味わえる。シチューなどの煮込み料理に向いている。

〇肩ロース

ロースより脂が多く、コクがある。豚カツや生姜焼を始め、様々な料理に合う。

〇ロース

キメが細かく、柔らかい。豚カツやしゃぶしゃぶ、ソテーに使うのがオススメ。

〇ヒレ

他の部位に比べ、脂身が少なくヘルシー。ヒレカツや串揚げなど、揚げ物にするとおいしい。

〇ばら

濃厚な脂身が特徴で、骨付きの状態はスペアリブと呼ばれる。焼肉や煮豚、酢豚がオススメ。

〇もも

脂身が少なく、赤身が中心で高たんぱく&低脂肪。ハムやローストポークなどに使われる。

〇そともも

脂肪分が少なく、あっさりしている。豚汁やシチューなど煮込み料理に適している。

豚肉料理

体にとって大切な「必須アミノ酸」をバランスよく含み、良質なたんぱく質が摂れる!鶏肉の部位

鶏肉の部位
〇むね

脂肪が少なく、低エネルギー。火を入れ過ぎるとパサつくが、油なじみがよく、唐揚げやソテーにすると美味。

〇ささみ

鶏肉の中で最も脂肪が少なく柔らかい。酒蒸しにしてサラダや和え物にしたり、揚げ物にするとよい。

〇手羽(手羽先・手羽中・手羽元)

骨付きで売られる。手羽先は肉が少なくゼラチン質が多いためスープや煮物、手羽中や手羽元は肉が多いため焼き物や揚げ物にするとよい。

〇砂肝

胃袋の筋肉が発達したもの。コリッとした歯ごたえが特徴。クセがなく、煮物や唐揚げにするとおいしい。

〇ソリレス

もも肉の付け根付近にあり、1羽から約40gしかとれない希少部位。歯ごたえがありジューシー。

〇もも

脂質が多く、コクがある。鶏肉の中では鉄分が多い。照焼や唐揚げ、シチューなどにするのがオススメ。

〇ぼんじり

尾羽の付け根の部分で、鶏肉の中で最も脂が多い。ジューシーで柔らかいが適度な弾力がある。

鶏肉料理

関連コラム

カラダ健考ナビ