株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 忙しい時期に試したい!集中力を高める食事について

忙しい時期に試したい!集中力を高める食事について

年末などの忙しい時期にはやることも多く、慌ただしくなってしまいがちです。あまりの多忙に集中力を無くし、ミスやトラブルが起こるとより一層忙しくなり、負の連鎖が生じてしまうこともあるでしょう。そんな失敗を避けるため、今回は集中力を高めるのに効果的な栄養素や成分についてご紹介します。集中力を高める食事を積極的に摂り、おいしく健康に忙しい時期を乗り切りましょう!

集中力UPに効果的な栄養素や成分①「炭水化物&ビタミンB1」

炭水化物は、体内で脳のエネルギー源となるブドウ糖に変化します。ブドウ糖によって体内の血糖値が上昇することで脳が活性化し、集中力UPにつながります。ビタミンB1は、炭水化物がブドウ糖に変わるのを助けるため、一緒に摂るのがオススメです。

●炭水化物が多い食品
・ごはん、パン、麺などの主食
・芋類
・かぼちゃ
・とうもろこし

●ビタミンB1が多い食品
・豚肉
・玄米、押麦などの雑穀
・大豆・大豆製品
・ブロッコリー

豚丼

集中力UPに効果的な栄養素や成分②「DHA」

DHAは、脳を活性化して集中力や判断力、処理能力を高める効果が期待できるといわれています。

●DHAが多い食品
・さんま
・あじ
・ぶり
・さば

さんま

集中力UPに効果的な栄養素や成分③「レシチン」

レシチンは、神経伝達物質を生成するはたらきがあるため、脳が活性化されるといわれています。

●レシチンが多い食品
・卵
・大豆・大豆製品
・ナッツ類

卵

実は根拠アリ!?15時のおやつは集中力UPのための小技

おやつといえば15時のイメージが強いですが、これは、集中力をUPさせるためにも理にかなっているといわれています。

<15時のおやつの効能>
①食後、眠くなりやすい時間帯におやつで一息入れると、リフレッシュ効果が期待できる
②脳のエネルギー源を補充することで、残りの勤務時間も集中できる

集中力UPのため、チョコレート1粒など、甘いものを少しだけ食べるのはオススメです♪食べ過ぎは肥満の元になるのでNGですよ!

チョコレート

関連コラム

カラダ健考ナビ