株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > まもなく収穫開始!注目の新米とおいしいお米の炊き方について

まもなく収穫開始!注目の新米とおいしいお米の炊き方について

新米は、夏の終わり頃から出回ることをご存知でしょうか?新米とはJAS法に基づき「収穫した年の12月31日までに精米され包装されたもの」のことを言い、沖縄などの温かい地域は7月頃から出回りますが、一般的には8月下旬~10月に出回ることが多いようです。今回はお米の特徴と正しいお米の炊き方をお教えしますので、お好みの新米をおいしい炊き方で楽しんでみてはいかがでしょうか。

お米ってどれを買えばいいの?米の種類と特徴について

お米は種類により様々な味の特徴があります。代表的なコシヒカリの他、最近は可愛らしい名前の新米も増えているので、お好みのお米を選んでみてください。

<米の主な種類や特徴など>
米の種類 味の特徴 代表的な産地 名前の由来
コシヒカリ 甘み、粘りが強い 茨城
新潟
あざやかなあめ色に熟する越の国(北陸)の品種であることから、「越の国に光輝く」という意味を込めて
あきたこまち ツヤや香りがよく、モチモチした食感 秋田 秋田県に生まれたと伝わる小野小町にちなみ、おいしい米として名声を得るようにとの願いを込めて
ひとめぼれ あっさりした味で、粘りが強くやわらかい 宮城 「見て美しさにひとめぼれ」「食べておいしさにひとめぼれ」され、全国で愛される米にしていきたいという願いを込めて
ゆめぴりか 粘りと甘みがあり、冷めてもおいしい 北海道 「日本一おいしい米を」という北海道民の「夢」に、アイヌ語で美しいを意味する「ピリカ」を合わせたもの
つや姫 甘みや粘り、ツヤがある 山形 炊きあがりの「ツヤ」と輝きが素晴らしく、10年かけて大切に育ててきたという想いを「姫」という文字に込めた
米イメージ

新米をさらにおいしく!正しいお米の炊き方について

お米は糠や汚れを落とすために研ぎ、水と炊飯器で炊き上げることでおいしく食べることができます。せっかくの新米ですから、よりおいしく味わえるよう、正しい手順で炊き上げましょう。

<お米の炊き方>
①ボールに炊く分の米を入れる。
②ボールに水を注ぎ、軽くひと混ぜしてすぐに水を捨てる。
③ボールに再び水を加え、軽くかき混ぜ水を捨てる。これを3回繰り返す。
(研ぎすぎると米粒が割れ風味が低下するので、軽くすすぐ感じで手早く!)
④ボールの中の米をざるに上げる。
⑤米を炊飯器に入れ、水を目盛りに合わせ入れる。
⑥米に十分水を浸透させるため、しばらく置いておく。(目安は夏場で30分、冬場で1時間程)
⑦炊飯器のスイッチを入れて炊く。
⑧炊き上がったらすぐに炊飯器を開けずに、10分ほど置いておく。
⑨炊飯器のふたを開け、しゃもじで全体をほぐすようにさっくりと混ぜる。
⑩米を茶碗にふんわりと盛り付け、できあがり!

使う水を軟水(浄水器の水やミネラルウォーターなど)にしたり、土鍋で炊いたりするとさらにおいしく炊くことができます。また、新米は水分が多いため、炊くときに水分を1割ほど減らすとおいしく炊ける、といわれています。お好みに合った炊き方で、今年のおいしいお米を召し上がってください♪

出典:農林水産省Webサイト
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kakou/mezamasi/recipe/recipe_ko_rice_taku.html
ごはんイメージ

関連コラム

カラダ健考ナビ