株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > メタボ対策から美肌効果まで!栄養たっぷりのナッツで魅力的なボディを手に入れよう

メタボ対策から美肌効果まで!栄養たっぷりのナッツで魅力的なボディを手に入れよう

ナッツとは、種実類に分類される木の実のことで、様々な種類があります。体に嬉しい栄養素がたくさん含まれており、近年、その健康効果が注目されています。「脂質が多そうだから…」「ニキビができるって聞くから…」と、ナッツを食べることをためらっている方は本コラムを是非読んでいただき、栄養たっぷりのナッツを効果的に摂り、美しく健康的な体づくりに活かしましょう!

主なナッツの種類と特徴

アーモンド

抗酸化作用があるビタミンEや、エネルギー代謝をサポートするビタミンB2が豊富。

アーモンド

ピスタチオ

高血圧やむくみ予防に役立つカリウムを多く含む。栄養価が高く、ナッツの女王と呼ばれる。

ピスタチオ

カシューナッツ

亜鉛や鉄などのミネラルが豊富で、鉄の吸収を促す銅も含む。ナッツの中では糖質が高い。

カシューナッツ

くるみ

生活習慣病予防に効果的なオメガ3系脂肪酸を、ナッツの中で一番多く含む。

くるみ

マカデミアナッツ

血行促進や代謝改善、便秘予防に効果的なオレイン酸やパルミトレイン酸を多く含む。

マカデミアナッツ

ヘーゼルナッツ

脂質が多いが、炭水化物やたんぱく質もバランスよく含まれ、ミネラルも多く含まれる。

ヘーゼルナッツ

ピーカンナッツ

脂質が多いが、低糖質で、多くの種類のビタミンやミネラルを含む。くるみに似た味。

ピーカンナッツ

ひまわりの種

抗肥満効果が期待できるトナリンという成分や、精神安定に役立つトリプトファンを含む。

ひまわりの種

その他にも、かぼちゃの種や栗、銀杏などがあります。
ちなみにピーナッツは、豆類なので、ナッツ(種実類)ではありません。

ナッツは、「素焼き」で「無塩」のものを食べるのがオススメ

ナッツは脂質が多く高カロリーなため、食べ過ぎは肥満につながります。塩味がついているとついつい食べ過ぎてしまったり、過剰に塩分を摂りがちです。余分な脂質や塩分を摂らないためにも、油や塩を使っていないものを食べるようにしましょう。

ミックスナッツ

関連コラム

カラダ健考ナビ