株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 今が旬!春の山菜のおいしい食べ方について

今が旬!春の山菜のおいしい食べ方について

春も間近に迫る3月下旬から6月下旬にかけては、冬の冷たい大地の下でおいしさを蓄えた様々な山菜が旬を迎える季節です。今回はこの時期食べなければもったいない山菜のおいしい食べ方をご紹介します。「山菜って、苦いしクセがあるから苦手…」というイメージを持っている方のために、工夫して食べられる調理法もお教えしますので、この機会においしい山菜を是非食卓に取り入れてみてください。

春が旬のおいしい山菜とオススメの食べ方について

〇ふきのとう

山菜の中で最も早く出回るといわれ、むくみ防止に役立つカリウムが豊富。胃腸の動きをよくするのにも効果的。
<旬>
3月下旬~5月下旬

<オススメの食べ方>
・天ぷら(苦みを油がまろやかにする)
・ふきのとう味噌(甘めの味噌が苦みに合う)

ふきのとうの天ぷら

〇たらの芽

山菜の王様ともいわれ、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多い。寒い地方のものの方がよりおいしいといわれる。
<旬>
4月下旬~6月下旬

<オススメの食べ方>
・天ぷら、炒め物(油がアクをうま味に変える)
・お浸し、和え物(風味がしっかりと感じられる)

たらの芽の天ぷら

〇こごみ

アク抜き不要で簡単に調理ができ、生活習慣病予防に役立つβ‐カロテンが多い。サッと茹でると食感がよくなる。
<旬>
4月下旬~6月下旬

<オススメの食べ方>
・天ぷら、炒め物(サクサクした食感を楽しむ)
・お浸し、和え物(程よいぬめりがおいしい)

こごみのお浸し

〇わらび

万葉集に出るほど古くから食べられ、地下茎からはわらび粉がつくられる。食べる際は十分なアク抜きが必要。
<旬>
4月下旬~6月下旬

<オススメの食べ方>
・お浸し(歯触りを楽しめる)
・煮物、炊き込みごはん(食感と香りがよい)

わらびのナムル

冬に溜まった老廃物を出す!山菜に期待できる「デトックス効果」について

冬は、寒さから身を守るために、代謝機能が低下する時期です。さらに気温低下から運動不足になりやすく、クリスマスや年末年始などイベントが多いので、飲食の量が増えがちになり、体に老廃物を溜めやすい原因が多くなっています。
そこで山菜の出番です!山菜が持つ独特の香りや苦味には、腎臓のろ過機能を向上させ、不要な老廃物などを体外へ排出する「解毒作用」や、「新陳代謝を促す働き」があるといわれています。
寒い季節に溜まった老廃物を山菜パワーで出して、心機一転した健康な体で暖かい春を迎えましょう!

山菜イメージ

関連コラム

カラダ健考ナビ