株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 実は縁起の良い物ばかり!ひな祭りの料理について

実は縁起の良い物ばかり!ひな祭りの料理について

3月3日のひな祭りには、鮮やかな着物を纏った美しいひな人形を飾り、子どもの成長を家族で祝う行事、という印象が一般的ですが、ひな祭りに食べられる料理には様々な由来や意味があることをご存知ですか?これからご紹介するひな祭りにちなんだ料理を食べて、子どもの成長を願いながら、桃の節句を楽しく過ごしましょう!

ひな人形は流してた!?「ひな祭り」の由来とは

元々、3月上旬の巳(み)の日を「上巳(じょうし)の節句」と呼び、紙や草などを使って仕上げた人形(流し雛=ながしびな)を川に流して厄払いをする風習がありました。それから技術が発展し、立派な人形ができるようになると流すのを止め、現在のように飾るようになったといわれています。

ひな人形

ひな祭りにちなんだ料理や飲み物について

〇ちらし寿司

混ぜ込まれる具材に様々な意味があり、子どもの健康と幸せを願って食べられるといわれている。
・海老・・・海老のように腰が曲がるほど長生きできる       
・豆・・・健康でまめに働ける
・れんこん・・・穴が開いているので、見通しがきく

ちらし寿司

〇蛤のお吸い物

元々対になっていたもの同士しか殻がぴったり合わないことから、「良縁に巡り会うように」という願いが込められているといわれている。ミネラルやアミノ酸が豊富な蛤をお吸い物として煮汁ごと食べることで、流れ出た栄養素も摂ることができる。

蛤のお吸い物

〇菱餅

色にはそれぞれ意味があり、冬から春への移り変わりを表しているといわれている。
・桃・・・魔除け、桃の花
・白・・・清純、残雪
・緑・・・厄除け、若芽

菱餅

〇ひなあられ

子どもがひな人形を連れて遊びに出かける「ひな遊び」の際に持って行くおやつだったといわれている。一般的に関東では砂糖がついた甘いあられ、関西ではしょっぱいあられが食べられる。

ひなあられ

〇白酒

諸説あるが、もともと白酒は中国の「桃香酒」のことを示していたといい、邪気を払う効果や長寿の意味を持つ桃の香りがするお酒を飲んでいたのが白酒へと変わったといわれている。

白酒

縁起のよい食材でもう一品!♪オススメかんたんレシピ「菜の花とたけのこの酢味噌和え」

〇材料(4人分)
<食材>
・菜の花・・・200g
・たけのこ水煮・・・40g
・乾燥わかめ・・・4g

<調味料>
・食酢・・・大さじ1と1/2
・白味噌・・・大さじ1
・砂糖・・・小さじ2と1/2

〇作り方
1.菜の花を蒸して冷まし、水気をしぼり、3cm幅に切る
2.たけのこを短冊切りにし、茹でる
3.乾燥わかめを水で戻し、さっと茹でる
4.食酢、白味噌、砂糖をよく混ぜ合わせる
5.菜の花、たけのこ、わかめをボウルに入れ、調味料を全て加えてよく混ぜる
6.皿に盛付ける

菜の花とたけのこの酢味噌和え
<栄養価(1人分)> エネルギー 40kcal、たんぱく質 3.2g、脂質 0.4g、食塩相当量 0.8g

印刷用レシピはこちら(PDF形式、332KB)

関連コラム

カラダ健考ナビ