株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 知っておきたい!食物アレルギーの基礎知識

知っておきたい!食物アレルギーの基礎知識

特定のものを食べた際に、体にかゆみやじんましんが起こることはありませんか?食物アレルギー患者は、近年増えているといわれています。食物アレルギーは重篤な場合、命が危険にさらされる可能性もあるため、今一度食物アレルギーに対して正しく理解し、健康被害の無い食生活ができるよう日頃から注意してみましょう。

食物アレルギーが起こる原因と症状について

<食物アレルギーが起こる流れ>

①原因となる食物を食べる

②原因となる食物に含まれるたんぱく質等を異物(アレルゲン)として体が認識する

③自分の体を防御するために過敏な反応を起こし、アレルギーの症状が出る

<こんな症状が出たら、食物アレルギーかも!?>

〇症状が軽い場合
・かゆみやじんましん
・目や唇の腫れ
・嘔吐や喘鳴

〇症状が重い場合
・呼吸困難や意識障害、血圧低下など
(アナフィラキシーショックと呼ばれる急性アレルギー反応)

食物アレルギーの症状は、食後2時間以内(多くは食べた直後から30分以内)に起こるといわれています。食べた直後に出なくても重い症状が後から起こる場合もあるので、注意が必要です。

食物アレルギーが起こりやすい、特に注意すべき食材とは?

食物アレルギーが起きるかどうかや、原因となる食物の種類や量には個人差があり、同じ人でもその時の体調によってアレルギー症状の程度が変わることがあります。しかしこれまでの発症度や重篤度等からアレルギー症状が出やすい食材が指定されているため、下記の食材を摂る際、また免疫力の弱い乳幼児に食べさせる際には特に注意しましょう。

「特定原材料」

食物アレルギーの重篤度・症例数が多い、内閣府令で食品表示が義務付けられているもの

〇卵
〇乳
〇小麦
〇そば
〇落花生
〇かに
〇えび

特定原材料のイメージ画像

「特定原材料に準ずるもの」

過去に一定の頻度で健康被害が見られ、食品表示を推奨されているもの

〇種実類
・カシューナッツ
・くるみ
・ごま
〇果実類
・オレンジ
・キウイフルーツ
・バナナ
・もも
・りんご
〇魚介類
・さけ
・さば
・あわび
・いか
・いくら
〇肉類
・牛肉
・豚肉
・鶏肉
・ゼラチン
〇その他
・やまいも
・大豆
・まつたけ

食物アレルギーを避けるには、原因となる食物を摂取しないことが重要なので、食品のアレルギー表示を確認し、健康被害の防止に努めましょう。そして、もし原因の食物を摂取してしまいアレルギー症状が出たら、病院に行き、医師の診断と適切な処置を受けることが大切です。

関連コラム

カラダ健考ナビ