株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 豆まきの豆で体の中も「福は内!」節分のあれこれについて

豆まきの豆で体の中も「福は内!」節分のあれこれについて

2月に入るとすぐに節分がやってきます。豆まきのための福豆や鬼の面、恵方巻はもう準備されましたか?今回は節分に関する知識や、豆まきで余った豆を使ったレシピをご紹介します。季節の始まりに邪気を払い、福を呼び込み、健康な1年を過ごせるよう、節分を楽しみましょう!

そもそも節分って何?

節分とは読んで字の如く「季節を分ける」ことを意味しており、立春、立夏、立秋、立冬などの各季節の始まりの日の前日のことです。現在は一般的に「立春」の前日のことを示し、季節の変わり目には邪気が生じるとの考えから、邪気払いや招福の行事が行われます。

節分にまつわる、行事に使うものや食べるものは?

〇豆

「鬼は外!」「福は内!」の掛け声とともにまく豆ですが、この大豆そのものには「邪気を払う霊力」があると考えられています。さらに鬼の目を表す魔目(まめ)に豆を投げて魔(ま)滅(め)するという語呂合わせから、投げることが邪気払いにつながるといわれています。

〇恵方巻

スーパーやコンビニで売られている定番の太巻きだけではなく、最近はカニやイクラ等を使った高級な太巻きや、代替品としてかわいいロールケーキなど、様々な恵方巻が売られています。恵方巻は歳徳神(としとくじん)という神様がいる方向を示す「恵方」を向き、食べ終わるまで口から離さず、黙って願い事をしながら食べきると、願いが叶うといわれています。

〇柊鰯(ひいらぎいわし)

魔除けのため、鬼が苦手とされる棘のある柊に、生臭い匂いがする焼いた鰯の頭を刺したものを門口に飾ります。鰯の頭を焼くのは、臭いと煙で鬼を近寄らせないようにするためだといわれています。

体の健康も「福は内!」大豆を食べて無病息災!

豆まきに使う大豆は「福豆」と呼ばれ、福を取り込むことでこれから一年間の無病息災や幸せを願うために、豆まき後に年の数だけ豆を食べるとよいといわれています。実はこの大豆、栄養面でもかなりの「福」を体に取り込んでくれます。
大豆には、強い抗酸化作用を持つ「イソフラボン」や血圧を下げる効果があるといわれる「ダイズサポニン」、さらに記憶力向上に役立つとされる「レシチン」が含まれています。生活習慣病予防や、アンチエイジングに役立つ大豆を食べて、これからの一年を健康で幸福に過ごしましょう!

福豆

余った豆を消費しよう♪オススメかんたんレシピ「鶏肉と大豆のケチャップ煮」

〇材料(4人分)
<食材>
・豆まき用の炒り豆・・・25g
・鶏もも肉・・・120g
・たまねぎ・・・1/4個
・冷凍ミックスベジタブル・・・40g

<調味料>
・油・・・小さじ1
【A】
・トマトケチャップ・・・大さじ1
・中濃ソース・・・大さじ1/2
・コンソメ・・・大さじ1/2
・水・・・200cc

〇作り方
1.豆は、一晩水に漬けて戻しておく
2.鶏もも肉を一口大に切る
3.たまねぎを角切りにする
4.フライパンに油をひき、鶏肉、たまねぎを炒める
5.フライパンに豆と、【A】を加えて煮る
6.冷凍ミックスベジタブルを茹でる
7.フライパンの中のものを皿に盛り付け、茹でたミックスベジタブルをのせる

鶏肉と大豆のケチャップ煮

<栄養価(1人分)> エネルギー 114kcal、たんぱく質 7.7g、脂質 6.3g、食塩相当量 0.9g

印刷用レシピはこちら(PDF形式、367KB)

関連コラム

カラダ健考ナビ