株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 日本とはちょっと違う?世界の国々のクリスマスメニューについて

日本とはちょっと違う?世界の国々のクリスマスメニューについて

12月になると街中にイルミネーションが灯り、お店にはこども達や恋人達向けのプレゼントが並び、いよいよクリスマスといった特別な雰囲気に包まれます。クリスマスメニューの定番といえば日本では「チキン」や「ケーキ」が一般的ですが、国によってクリスマスの定番料理は異なったり、変わったメニューがあるのをご存じですか?今回はクリスマスの夜に食べてみたい外国の変わったクリスマスメニューをご紹介します。

異国の味やスパイスを感じられる!外国のクリスマスメニュー

〇ユールシンカ/スウェーデン 

豚もも肉の塊に、卵黄、粒マスタード、パン粉を混ぜたものを塗り、焼いたもの。そのままはもちろん、好みのソースをかけたり、サンドウィッチやポトフに入れて食べる。

ユールシンカ

〇ヴァーノチカ/チェコ共和国

ほんのり甘い、レーズン入りの編みパン。クリスマスの翌朝に家族で切り分けて食べるが、イースターなどの大きなイベントでも食べられる。

ヴァーノチカ

〇ハラースレー/ハンガリー

海がなく川魚が一般的なため、鯉などをトマトとパプリカで煮込んだスープ。香味野菜やスパイスを使用するため、川魚独特の臭みを感じずに食べられる。

ハラースレー

ディナーの後に食べたい!甘くておいしい外国のクリスマスデザート

〇ミンスパイ/イギリス

イエス・キリストが眠るゆりかごをイメージしたパイ。みじん切りにしたフルーツにスパイスをきかせたものやナッツを入れた甘いお菓子。

ミンスパイ

○ブッシュ・ド・ノエル/フランス 

フランス語で「クリスマスの薪」を意味するケーキ。諸説あるが、キリストの誕生を祝う形で一日中、暖炉で薪を燃やしていた様子を表現したものといわれている。

ブッシュ・ド・ノエル

○スフガニヤ/イスラエル

揚げたパンの中にいちごジャムやチョコ、クリーム、ナッツなどを入れ、粉砂糖をたっぷりかけた甘いドーナッツ。

スフガニヤ

クリスマスから年末年始にかけて、冬太りにご用心!

クリスマスにおいしいものをついつい食べ過ぎてしまい、気付けば体重が増えてしまう…ということはありませんか?また年末年始は炭水化物や脂質が多い高カロリーなメニューを食べてしまいがちです。さらに一緒にアルコールを摂る機会や量が多くなり、体重増加につながるので注意が必要です。体型がサンタさんのようになる前に、冬太りの対策をしておきましょう。

<冬太り予防のポイント>

①野菜から食べ、急な血糖値上昇を抑えるよう心掛ける
②しょうが、唐辛子、こんにゃくなどの体を温めるものを食べ、代謝を上げる
③寒いと活動量が減るため、適度に運動することを意識する

関連コラム

カラダ健考ナビ