株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > ボージョレ・ヌーヴォーをより一層楽しむ、ワインの知識とオススメおつまみ

ボージョレ・ヌーヴォーをより一層楽しむ、ワインの知識とオススメおつまみ

ワインは世界で最も多くの地域で飲まれているアルコール飲料の一つといわれています。種類には赤、白、ロゼとあり、フレンチやイタリアンなど洋食メニューのお供にはピッタリのお酒です。毎年11月の第3木曜日午前0時には、世界中でワインを楽しむ「ボージョレ・ヌーヴォー」の解禁日があります。この機会にワインの知識と良い飲み方を取り入れ、おいしく健康的に秋のディナーを楽しみませんか?

ボージョレ・ヌーヴォーってそもそも何?

ボージョレ・ヌーヴォー(Beaujolais nouveau)は、フランスのブルゴーニュ地方の南端、ボージョレという地域のヌーヴォー(新酒)です。諸説ありますが、元は、ボージョレの農民が収穫を祝ったことが始まりとされています。

日本にも輸入され様々なメーカーからボージョレが販売されていますが、実はボージョレの中にもランクがあります。ボージョレ・“ヴィラージュ”・ヌーヴォー(Beaujolais Villages nouveau)と書かれたものは、ボージョレ地区の中でも特に上質な赤ワインを生み出す特定の村でのみ造ることができるヌーヴォーとされ、単なるボージョレとは区別されています。

赤ワイン

知っておけば「白のボージョレは無い」と言い切れる!ワインの種類にまつわる知識

ワインは「赤」「白」「ロゼ」という種類がありますが、ボージョレ・ヌーヴォーは「赤」「ロゼ」はあっても「白」はありません。そもそもワインの種類はどのように異なるのか、ワインの種類に関する知識をご紹介します。

〇赤ワイン

発酵させた黒色ぶどうを潰し、その果汁を熟成させたもの。渋みが出、糖がなくなるまで発酵させるので辛口が多い。

〇白ワイン

緑色や淡い色のぶどうを使い、果汁のみを発酵・熟成させたもの。渋みがなく、糖がなくなるまで発酵させると辛口、途中で止めると甘口になる。

〇ロゼワイン

赤、白に見られない鮮やかなピンク色をしており、作り方が複数ある。

①黒色ぶどうを短期間発酵させ、その果汁を発酵・熟成
②黒色ぶどうの果汁だけを発酵・熟成
③赤ワイン用のぶどうと白ワイン用のぶどうを混ぜて発酵

上記を踏まえ何故ボージョレ・ヌーヴォーに「白」は無いかというと、ボージョレ・ヌーヴォーに使われるぶどうは、「その年にボージョレで収穫された、ガメ種のぶどう100%であること」と定められており、ガメ種のぶどうは黒色ぶどうのため、赤かロゼでしか造れないのです。

おいしくても飲み過ぎは注意!ワインの適量ってどのくらい?

厚生労働省は、「1日平均純アルコールで約20g程度」を節度ある適度な飲酒としています。アルコール度数12%のワインだと、約1.5杯(200ml)に相当します。

お酒の飲み過ぎは健康を害する恐れがありますが、適度な飲酒は、血行がよくなったり、ストレス発散に効果的といわれています。週に2日ほど飲酒をしない「休肝日」を設け、お酒と上手く付き合いましょう!

ワインに合って体にもやさしい!ワインを飲む時にオススメのおつまみ

飲酒すると、「ビタミン」や「ミネラル」がアルコールを代謝する過程で失われます。また、「たんぱく質」がアルコールを分解する肝臓で必要になるため、これらを多く含むおつまみがオススメです。

〇ビタミン・ミネラル

トマト、野菜サラダ、ナッツ など

カプレーゼ

〇たんぱく質

肉・魚・乳製品を使った料理(カルパッチョ、アヒージョ、チーズなど)

カルパッチョ

関連コラム

カラダ健考ナビ