株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 食欲の秋を彩る、おいしい食べ物とトリビアについて

食欲の秋を彩る、おいしい食べ物とトリビアについて

秋といえば「食欲の秋」。梨や柿、銀杏、さつまいも、そして松茸などのおいしい食べ物が旬を迎える季節です。今回は秋の味覚にまつわる食べ物の栄養と、その食べ物にまつわるちょっとしたトリビアをご紹介しますので、おいしく知的に、食欲の秋を楽しんでみませんか?

なぜ焼いた「さんま」は大根おろしと一緒に食べるのか?

さんまは中性脂肪やコレステロールを低下させ、生活習慣病予防に効果的なDHAやIPAが多く含まれています。体に良い栄養を多く含むさんまですが、脂が多いことや焦げ目が体に悪いことが気になるところです。そんな問題を解決してくれるのが、「大根」です。大根には、さんまの脂の酸化を防止したり、胃もたれを防ぐ効果が期待できます。また、魚の焦げ目に含まれる発がん性物質を吸着して排除したり、無毒化するはたらきがあるといわれています。

さんま

普段食べている「栗」は、栗の実では無い?!

栗には、高血圧予防に効果的なカリウムが多く含まれています。また、渋皮には、タンニンが含まれており、老化防止効果が期待できます。蒸して食べるとほくほくとおいしい栗ですが、日頃食べているあの黄色い部分は実ではないことをご存知ですか?実はこの部分、栗の「種」なんです。イガがある外側の殻が皮、種を包んでいる硬い鬼皮が実、皮を剥いた中身が種というのが栗の構造です。

栗

「ぶどう」なのにバナナ?!変わった名前のぶどうの品種

ぶどうの皮や種には、生活習慣病予防やアンチエイジングに効果的なポリフェノールが多く含まれています。多くの品種があるぶどうですが、山梨県にあるぶどう園で栽培されているもので、見た目が似ていることから「バナナ」と名付けられたぶどうがあるそうです。味はマスカットに似ていますが、希少価値が高い品種だそうです。様々な産地のぶどうがあるので、名前と品種を調べると、より楽しく食べられるかもしれません。

ぶどう

なぜ「食欲の秋」といわれるのか?

これまでご紹介した「旬を迎えるおいしい食べ物が多い」というのが大きな理由の一つですが、理にかなった他の様々な理由も考えられます。

<秋に食欲が増す理由について>
  • 夏の暑さで低下していた食欲が秋の涼しい気候で回復する
  • 食べ物が不足する冬に備えて体に食べ物のエネルギーを蓄える
  • 秋になり日照時間が短くなると、食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、食欲が増す

関連コラム

カラダ健考ナビ