株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 美肌とツヤ髪のためにできる、食事による夏の紫外線対策!

美肌とツヤ髪のためにできる、食事による夏の紫外線対策!

夏に強くなる紫外線は、当たり過ぎると肌や髪にダメージを与えてしまいます。肌には日焼け止めを塗ったり、髪にはトリートメントをしたりなど、外側からのダメージ対策はもちろん大切ですが、体の内側からのケアも気にしてみませんか?肌と髪に良い食べ物を意識して摂り、夏の陽射しに煌めく美肌やツヤ髪を保ちましょう!

美肌やツヤ髪の敵!紫外線によるダメージとは?

紫外線とは太陽光線の成分のひとつで、長時間浴びることで人体にダメージを与えるといわれています。特に体の表面にある肌と髪は紫外線に当たる面積も大きいため、次のようなダメージの影響がみられやすくなっています。

〇肌
・シワやたるみなどの肌老化を招く
・シミやそばかすの原因になる
・一度に大量の紫外線を浴びると、肌に痛みやかゆみ、水ぶくれなどが現れやすくなる

〇髪
・切れ毛や枝毛の原因になる
・ツヤや柔軟性がなくなる
・髪の色が退色しやすくなる
・乾燥により、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起きやすくなる

美肌やツヤ髪を保つために必要な栄養素とは?

紫外線のダメージを受け続け、肌はガサガサ、髪もパサパサになってしまっては、せっかくの夏のオシャレを楽しむことができなくなってしまいます。肌と髪に良い栄養素をしっかり摂って、紫外線に負けない体づくりをしましょう。

<美肌とツヤ髪のために良い栄養素>

〇肌や髪の材料となる「たんぱく質」

肌や髪のほとんどは、アミノ酸が結合したたんぱく質からできています。たんぱく質が欠乏してしまうと良い肌と髪は作れないため、しっかりと食事に取り入れましょう。
多く含む食品例) 肉類、魚類、卵、大豆、牛乳・乳製品 など

肉

〇新陳代謝をUPさせる「ビタミンB6」

アミノ酸を原料に、肌や髪などの成分であるたんぱく質づくりをサポートします。
多く含む食品例)まぐろ、鮭、牛・鶏、レバー、バナナ など

まぐろ

〇栄養の運搬をスムーズにする「ビタミンE」

毛細血管を広げ、肌や髪への栄養の運搬をスムーズにします。
多く含む食品例)アーモンド、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ など

アーモンド

〇コラーゲンをつくる「ビタミンC」

肌に必要な「コラーゲン」を合成するとともに、ビタミンEの吸収をUPさせます。
多く含む食品例)パプリカ、ブロッコリー、じゃがいも、キウイ など

パプリカ

〇新陳代謝をUPさせる「亜鉛」

肌に必要な「コラーゲン」や、髪に大切な「キューティクル」の生成を促します。
多く含む食品例)牡蠣、豚レバー、玄米ごはん、納豆 など

牡蠣

日焼けを促進させる「ソラレン」にご注意!

美肌とツヤ髪のための、良い栄養素と食品についてご紹介しましたが、紫外線が強い日には控えた方がよい食品もあります。それはソラレンという光毒性物質を持った食品で、身体の紫外線に対する感受性を高めて吸収しやすくしてしまう、といわれています。

多く含む食品例)レモンなどの柑橘類、きゅうり、パセリ、セロリ、いちじく、キウイフルーツ など

レモンなど

<ソラレンを含む食品の上手な食べ方>
ソラレンを多く含む食品は、夏が旬でビタミンも豊富な果物や野菜に多いため、「絶対に食べない!」のではなく「ソラレンの影響を受けない時間帯に食べる」工夫をするとよいでしょう。その方法は「おやつか夕食に食べる」です。ソラレンの影響は、摂取してから2時間ほどでピークを迎え、その後徐々に衰えていきます。紫外線が強い10時~14時に外出する際は、その2時間前での摂取は控え、日が傾き紫外線の影響を受けない夕方や夜に、おいしく食べましょう。

関連コラム

カラダ健考ナビ