株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > うなぎだけじゃない!?土用の丑の日に食べたい「う」のつく食べ物

うなぎだけじゃない!?土用の丑の日に食べたい「う」のつく食べ物

夏の土用の丑の日といえば、「うなぎ」を連想される方が多いのではないでしょうか。しかしうなぎだけが土用の丑の日の食べ物ではないことはご存知でしょうか?本来、土用の丑の日には「う」から始まる食べ物を食べると夏バテしにくいといわれているため、「う」のつく食べ物が広く当てはまります。夏の暑さを乗り切る為に、うなぎと並んで効果的な「う」のつく食べ物をご紹介します。

「う」のつく「瓜(うり)」は夏バテしやすい時期にピッタリ!

夏が旬のウリ科の野菜は、栄養価が高くビタミンが豊富です。また、体温を調節したり、利尿効果でむくみ防止になるものもあるため、昔から土用の丑の日に食べられてきました。

体内の余分な熱を冷まし、利尿作用がある野菜

○すいか(西瓜)
  抗酸化作用のあるリコピンや、デトックス作用のあるシトルリンが含まれています。また、ビタミンとミネラルも豊富なため、免疫力を高めたり疲労回復に効果的です。

すいか

○にがうり(ゴーヤ)
  疲労回復に役立つビタミンCを含んでいます。熱に弱いビタミンCですが、にがうりに含まれるものは熱に強いため、効率的にビタミンCを摂取できるといわれています。

にがうり

○とうがん
  ビタミンCを多く含んでいるため、疲労回復や美肌効果が期待できます。また、免疫力を上げるといわれているサポニンを含んでおり、夏風邪対策にもよいといわれています。

とうがん

○きゅうり
  水分が多いため、栄養価は高くないのですが、暑い夏でも食べやすく水分補給につながる野菜です。ぬか漬けにすると、疲労回復に効果的なビタミンB群やビタミンCの量が増え、栄養価がアップします。

きゅうり

冷房で冷えた体を温める野菜

○かぼちゃ
  冬至でよく食べられるかぼちゃですが、実は夏野菜なのです。免疫力を高めるといわれているβ‐カロテンや、疲労回復に効果的なビタミンC・Eを豊富に含んでいます。

<かぼちゃの栄養を余すことなく摂る方法>
果肉以外の皮やわた、種にも栄養素の多いかぼちゃは、食べ方を工夫すると食べることができます。是非捨てずに活用してください。

・皮の食べ方⇒細く切ってきんぴらにすると、固い食感を楽しみながら食べることができます!
・わたの食べ方⇒くりぬいて捨ててしまいがちなわたは、細かく刻んでハンバーグやホットケーキに混ぜましょう!
・種の食べ方⇒乾燥させて中身を出し、炒って食べれば、栄養豊富なおつまみに!

かぼちゃ

まだまだあります!土用の丑の日に食べたい「う」のつく食べ物

〇うどん…冷たいうどんは、夏バテする時期にぴったり!

〇梅干し…酸味が、暑さで減退する食欲を増進させてくれます!

〇うに…夏が旬のうには、高たんばく低脂肪でビタミンも豊富!

〇牛肉(うし)…たんぱく質が豊富な牛肉で、猛暑に向けたスタミナを充填!

〇馬肉(うま)…低カロリーでヘルシーな馬肉を食べて、暑い日も100万馬力!

<ところで気になる、何故「土用の丑の日」=「うなぎ」が有名なのか?>
諸説ありますが、江戸時代、冬が旬であるうなぎが夏に売れないことに悩んでいたうなぎ屋が平賀源内に相談したところ、「本日丑の日」という貼り紙をするという提案を受け、それが定着したというのが有名です。

関連コラム

カラダ健考ナビ