株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 栄養素から知る、健康な歯を保つ方法

栄養素から知る、健康な歯を保つ方法

美味しく楽しい食事をとるのに、歯の健康は欠かせません。虫歯や歯周病などの予防は、日々の食生活の中でもできることをご存知ですか?歯や口のトラブルにおすすめの栄養素をご紹介しますので、歯を1本でも多く保てるよう、健康的な食生活を送りましょう!

放っておくと歯がなくなってしまうかも?!「歯周病」を予防する栄養素とは

進行すると歯を蝕んでしまう歯周病は、歯の健康だけでなく、体内に歯周病菌が侵入すると動脈硬化や糖尿病、心筋梗塞などを引き起こす可能性があるといわれています。
歯周病は一度かかると治りにくいのが特徴です。
手遅れになる前に、食後の歯磨きと合わせて、歯周病菌の作用を抑える「乳酸菌」や「カテキン」を摂りましょう!

〇乳酸菌を多く含むもの…チーズ、ヨーグルト、乳酸飲料 など

〇カテキンを多く含むもの…お茶 など

いつまでも健康な歯を保ちたい!「歯がもろくなる」のを防ぐ栄養素とは

加齢とともに歯がもろくなると、噛む力が弱まり、食事が楽しくなくなってしまいます。
歯の健康にはカルシウムやマグネシウム、フッ素などのミネラルが大切です。
フッ素は歯に極微量に含まれるミネラルで、歯のエナメル質を強化するはたらきがあります。

〇カルシウムを多く含むもの…牛乳・ヨーグルトなど乳製品、小松菜・ほうれん草 など

〇マグネシウムを多く含むもの…納豆・豆腐など大豆製品、わかめ・刻み昆布などの海藻類 など

〇フッ素を多く含むもの…緑茶・番茶・抹茶、煮干し、干しえび など

歯が健康でも口の中が痛くて食事がつらい!「口内炎」にならないための栄養素とは

粘膜や皮膚を守るはたらきをもつビタミンB群が不足すると、口内炎になりやすくなります。ビタミンB群は、体内に蓄えておくことができないため、毎日の食事で補うことが大切です。
また、細菌に対する抵抗力を高めるビタミンAやビタミンCも合わせて摂るとよいでしょう。

〇ビタミンB2を多く含むもの…さば・ブリなどの青魚、レバー、納豆 など

〇ビタミンB6を多く含むもの…マグロ、カツオ、さんま、バナナ など

〇ビタミンAを多く含むもの…かぼちゃ、モロヘイヤ、うなぎ、にんじん など

〇ビタミンCを多く含むもの…オレンジ、キウイ、赤ピーマン、ブロッコリー など

健康のためには、ごはんを「よく噛んで」食べることが効果的!

食事を通じた健康な歯や口を保つ方法は、栄養素に気を付けるだけではありません。毎日の食事の中で、意識して食べ物をしっかり噛むだけで、体に良いたくさんの効果が期待できます!

<よく噛むことで得られる健康的な効果>

〇歯の病気を予防

唾液を出すことによって、口の中が清潔に保たれ、虫歯や歯周病を防ぎます。

〇ダイエット

よく噛むことで、満腹中枢を刺激して食べ過ぎ防止になります。

〇認知症の予防

噛むことで脳細胞が活発にはたらき、認知症予防に効果があるといわれています。

関連コラム