株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > ヨーグルトの乳酸菌パワーで腸の健康を守ろう!

ヨーグルトの乳酸菌パワーで腸の健康を守ろう!

ヨーグルトには、ブルガリア菌やガセリ菌などの“乳酸菌”が豊富に含まれているため、お腹の調子を整えるのに最適な食品のひとつです。今回は腸の健康を守るヨーグルトの良さを、詳しくご紹介いたします。

そもそも何故ヨーグルトを食べると腸が健康になるのか?

腸には善玉菌、日和見菌、悪玉菌といった腸内細菌があります。これらの菌に、ヨーグルトに含まれる乳酸菌がはたらくと、健康な腸になるのです。

<腸内細菌の種類>

〇善玉菌
・便通の改善 
・免疫力を高める
・悪玉菌のはたらきを抑える など

〇悪玉菌
・有毒物質を発生させ腸内環境が悪化する

〇日和見菌
・善玉菌と悪玉菌の数が多い方の味方をする

<ヨーグルトに含まれる“乳酸菌”>

乳酸菌には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすはたらきがあります。腸内細菌のバランスが良好に保たれるため、腸が健康な状態になります!

乳酸菌だけじゃない!ヨーグルトに含まれる健康的な栄養素

〇ワンランク上の体内吸収力!「乳酸カルシウム」

発酵してヨーグルトになることで、乳に含まれるカルシウムは、レベルアップします。乳酸菌が作り出す“乳酸”がカルシウムと結合し「乳酸カルシウム」になることで、体への吸収率がぐんとアップ!

〇美肌と美髪の味方!「ビタミンB2」

ビタミンB2は肌荒れやにきび、髪のパサつきを予防するはたらきがあり、美容ビタミンといわれています。

〇老化防止!「ビタミンA・E」

抗酸化作用をもつビタミンのため、老化を引き起こす活性酸素を抑えるはたらきがあります。

ヨーグルト

ヨーグルトの上に溜まっている透明なあの液体ってなに?

ヨーグルトの上部に溜まる上澄み液は、「ホエー(乳清)」といい、ヨーグルトに振動を加えたりすると、分離して出てきます。ほとんど水分ですが、ホエーにもたんぱく質やミネラルなど多くの栄養素が含まれているので、残さず食べてヨーグルトの栄養を余すことなく摂りましょう!

料理にアレンジ!意外なヨーグルトの活用法

ヨーグルトは朝食にそのまま食べるだけではなく、様々な活用法があります。食卓に取り入れ、もっとおいしく健康にヨーグルトを使ってみましょう。

活用例1)◆煮込み料理

  ⇒仕上げに、ちょっとヨーグルトを足すと、コクが増して、まろやかな味わいに!
  (※乳酸菌は熱に弱いので、仕上げに加えましょう)

活用例2)◆肉や魚の下ごしらえ

  ⇒乳酸菌が、肉や魚のたんぱく質にはたらきかけ、やわらかい仕上がりに!ヨーグルトの酸味で臭みも取れる!

活用例3)◆ドレッシングにまぜる

  ⇒ドレッシングに混ぜれば、かさ増しするので塩分や脂肪分を控えめに!さらに豊富なカルシウムも摂れる!

【ヨーグルトドレッシングの作り方】
〇材料(4人分)
・プレーンヨーグルト・・・大さじ4
・マヨネーズ・・・大さじ4
・レモン果汁・・・小さじ1
・塩、こしょう・・・少々

〇作り方
すべての材料を混ぜ合わせ、お好みのサラダにかけて、できあがり!

関連コラム

カラダ健考ナビ