株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > 柏餅やちまきにはこんな由来が?!こどもの日の食べ物について

柏餅やちまきにはこんな由来が?!こどもの日の食べ物について

こどもの日や端午の節句の食べ物というと、『柏餅』『ちまき』を思い起こす方は多いのではないでしょうか。当たり前に食べられている『柏餅』や『ちまき』には、こどもの日だから食べる特別な理由が込められています。こどもの日の食べ物について知識を深めると、お子様の成長や幸福をもっと楽しく願うことができるかもしれません。

柏の葉にまつわる柏餅の由来

柏餅は、丸形の餅に餡をのせて二つ折りにし、柏の葉で包んだ和菓子です。この「柏の葉」は特別な葉であり、新芽が出てから古い葉が落ちるという特徴があります。この特徴から、「家系が絶えない」「子孫繁栄」という考えに結びつき、縁起をかついで広まったといわれています。

<柏餅トリビア>

柏餅の中に入れる餡は、こし餡、つぶ餡、味噌餡などの種類がありますが、なんとこの餡の種類は、葉を見るだけで中が分かるのです!

  • 葉がつるつるしている(柏の葉の表が外)⇒小豆餡(こし餡・つぶ餡)
  • 葉がざらざらしている(柏の葉の裏が外)⇒味噌餡

※一般例です。

なお、柏餅が広まり始めたといわれている江戸時代には「味噌餡」や「塩餡」が主流だったといわれており、古くからこどもの健康を願う食べ物として親しまれていたようです。

ちまきが食べられるようになった由来は中国から?!

ちまきは、もち米・うるち米・米粉などで作った餅を、笹・茅(ちがや)などの葉で巻いて長円錐形または三角形に形作り、葉ごと蒸したり茹でたりして熱を加えて食べられるものです。ちまきが食べられるようになった由来は中国の故事からきているといわれています。5月5日に川に身を投げて亡くなった詩人の屈原を慕う人々が、亡骸を魚に食べられないよう、ちまきを川へ投げ入れたり、供養としてお供えしたことが日本に伝わり、こどもの日に食べられるようになったようです。

<ちまきトリビア>

ちまきは、茅(ちがや)の葉で包んでいるため、その昔「ちがやまき」と呼ばれていたそうですが、 「茅」という字は「ち」とも読むため、「ちまき」という名前が多く使われるようになったといわれています。なお、ちまきは漢字表記もあることをご存知ですか?「粽」と書きます。

柏餅とちまきだけじゃない!こどもの日に食べられる全国の郷土食

〇ベコ餅

主に北海道で食べられています。特に道南や日本海沿岸などの地域に馴染み深く、白・黒2種の砂糖を使い、やわらかくなめらかな2色の生地に仕上げている和菓子です。

〇麦だんご

徳島県の脇町に古くから伝わり、大麦の粉を混ぜ込んだ団子を山帰来(さんきらい)の葉で包んだ和菓子です。旧暦の5月5日は麦刈りの時期と重なっているため、こどもの成長を願い食べられたといわれています。

〇あく巻

南九州で主に食べられており、灰汁に漬けたもち米を、同じく灰汁に漬けた孟宗竹の皮で包み、さらに灰汁で数時間ほど煮込んだ灰汁づくしの和菓子です。独特の風味と食感があります。

〇鯨羊羹

宮崎県に伝わる、米粉を練って伸ばし、あんこで挟んで蒸した和菓子です。鯨のように大きく力強くなるように、という思いが込められているといわれています。

こどもの日郷土食

※(左)ベコ餅 (右)あく巻

関連コラム

カラダ健考ナビ