株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > ダイエットや美容の強い味方!様々に楽しめる雑穀の魅力

ダイエットや美容の強い味方!様々に楽しめる雑穀の魅力

雑穀は古くから日本人の食事に登場する食材ですが、最近はダイエットや美容など、健康に良い食品としてその魅力が見直されています。栄養価も種類も豊富な雑穀を楽しみ、美ボディを手に入れましょう!

そもそも雑穀って何?

一般的に、米、麦、大麦以外の穀物を“雑穀”といい、白米に比べて、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養価が豊富に含まれています。
ほとんどの雑穀は、白米に混ぜて炊飯器で簡単に炊くことができ、手軽に栄養をプラスできます。

色々な味や食感が楽しめる!種類豊富な雑穀

〇あわ

あわ

あっさりとした味わいで、クセがなく食べやすい雑穀です。鉄が豊富なため、貧血気味の方には特におすすめです!

〇きび

きび

もちもちとした食感で、甘みが強くコクがあります。ポリフェノールを多く含んでいるので、血液をサラサラにしてくれます。

〇キヌア

キヌア

アメリカ航空宇宙局(NASA)が宇宙食として絶賛し、海外セレブにも大人気のキヌアはバランスよく栄養を摂ることができ、特にカルシウムが豊富なので、骨粗しょう症を気にされている方にもおすすめです。

〇アマランサス

アマランサス

キヌアと並んで海外で一大ブームとなっており、粒が小さく皮ごと食べられるので、他の雑穀に比べ栄養価が特に高いと言われています。

こんな食べ方もおすすめ♪おすすめかんたんレシピ「雑穀のカラフルサラダ」

〇材料(4皿分)
<食材>
・雑穀※・・・1カップ(約150g)
・ハム・・・2枚
・きゅうり・・・1/2本
・パプリカ(赤・黄色)・・・各1/4個
・サニーレタス・・・4枚
※あわ、ひえ、きび、アマランサスなどお好みでブレンドしたもの

<調味料>
・レモン汁・・・大さじ1
・オリーブオイル・・・大さじ1
・塩、こしょう・・・各少々

〇作り方
1.雑穀を水にひたす
2.雑穀を鍋に入れ、水を適量入れ、やわらかくなるまで茹でる(めやす:15分程度)
3.茹でた雑穀を水で洗い、ぬめりを取る。洗った後はクッキングシートなどで水気をふき取る
4.ハム、きゅうり、パプリカを5mm角に切る
5.調味料を全て混ぜ合わせ、雑穀とハム、きゅうり、パプリカを和える
6.皿にサニーレタスを添え、盛り付ける

雑穀のカラフルサラダ
<栄養価(1人分)> エネルギー 198kcal、たんぱく質 6.3g、脂質 5.6g、食塩相当量 0.5g

印刷用レシピはこちら(PDF形式、422KB)

関連コラム

カラダ健考ナビ