株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

HOME > カラダ健考ナビ > コラムバックナンバー > スマホやPCでの疲れ目を解消するのに効果的な食事とは

スマホやPCでの疲れ目を解消するのに効果的な食事とは

スマートフォンを使わない日は無い程、現代人の目は酷使されています。知らない間に目に負荷が積み重なっていくと、頭痛や肩こりを引き起こす眼精疲労になってしまう恐れがあります。大切な目の健康のために、疲れ目を解消するのに効果的な食事についてお教えします。

疲れ目の原因とは・・・

〇画面を近くで見てしまう

スマホやPCなどのディスプレイで細かい文字や動画を集中してみたりしていませんか?その姿勢が続くと、目にはとても負担がかかります。目の水晶体の周りには『毛様体筋』という筋肉があり、近くの物を見る時に収縮しています。収縮した状態が長く続くと、筋肉疲労が起こり、目に負荷がかかってしまいます。

〇まばたきが少なくなってしまう

ディスプレイなどの画面を見ることに集中すると、目を開けている時間が長くなり、まばたきの回数が減ります。回数が減ると、目の表面を覆っている涙の量が減り、角膜の表面が傷ついてしまうことがあります。

疲れ目に効く栄養素

○ビタミンA

・角膜を保護する粘膜の成分となる
・ロドプシンの主成分となる
(ビタミンAを多く含む食品…にんじん、ほうれん草、ニラ、かぼちゃ、レバー など)

人参

○アントシアニン

・ロドプシンの再合成化を活性化させる
・目の働きを高め、眼精疲労を予防する
(アントシアニンを多く含む食品…ブルーベリー、ぶどう、なす、紫イモ、青じそ、黒豆 など)

ブルーベリー
※ロドプシンとは?
網膜に存在する、光を感じる物質。ロドプシンの減少は目のかすみや、暗いところで目が見えにくくなる原因となる。

○タウリン

・網膜細胞の機能を正常に保つ
・目の疲労回復
(タウリンを多く含む食品…ホタテ、いか、たこ、あさり)

ホタテ

おいしく食べて、目の疲れを和らげる♪おすすめかんたんレシピ「にんじんとレーズンのピクルス」

〇材料(4皿分)
<食材>
・にんじん・・・小1本(約80g)
・レーズン・・・40g
・たまねぎ・・・中1個(約120g)

<調味料>
・酢・・・小さじ2と1/2
・レモン汁・・・小さじ4
・はちみつ・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1
・塩・・・少々

〇作り方
1.にんじんの皮をむいて、せん切りにする
2.たまねぎを薄切りにする
3.にんじん、たまねぎを軽く塩もみし、水でさっと洗い流し、ペーパーで水気を拭き取る
4.調味料を全て混ぜ合わせ、火にかける。ひと煮立ちさせたら火を止めて冷ます
5.にんじん、たまねぎ、レーズンを混ぜ合わせ、調味料に漬ける
6.皿に盛り付ける

にんじんとレーズンのピクルス
<栄養価(1人分)> エネルギー 65kcal、たんぱく質 0.7g、食塩相当量 0.3g

印刷用レシピはこちら(PDF形式、351KB)

関連コラム