株式会社日京クリエイト

日京クリエイトは、社員食堂、病院・社会福祉施設におけるフードサービスをご提供する会社です。

文字サイズ
文字サイズ
 

よくある質問

HOME > よくある質問 > サービスについて

サービスについて


社員食堂の利用率を上げるには?


社員食堂はあるが、社員があまり利用していない。
利用率を上げるための改善方法は無いか?
社員食堂は毎日のお食事を提供する施設のため、変化が無い食堂は利用者の方々に飽きられてしまう傾向があります。メニューを増やす、イベントを開催する、提供スタイルをバイキング形式に変更するなど、新鮮さを出すことで利用率の増加が見込まれます。

当社は1,700種類以上のメニューや、各種イベントの実績など食堂を社員コミュニケーションの場とする施策をご用意しております。ぜひお気軽にご相談ください。

当社の社員食堂利用率向上のための対策はこちら

社員食堂(オフィス・事務所など)でのフードサービス
ご提供メニュー
高付加価値メニュー


社員食堂の運営コストを下げるには?


社員食堂の運営コストが高い。業者の運営効率が悪いのではないかと感じるが、
運営全体の見直しを図るにはどうしたらよいか?
社員食堂の運営には人件費、材料費、その他経費の大きく3つの要素がコストとして発生します。これを雑多に管理してしまうと、ムダなコストになってしまいます。コストパフォーマンスよく運営するには、きちんとした教育を受けたパート社員を増やす、集約購買にて材料を仕入れる、経費の精算はシステム管理するといった業務の効率化が効果的と考えられています。

当社は「NAFS」という独自の経営支援システムを導入しており、食材調達・運搬等の管理から手配業務・経理システムの効率化を図っております。運営コストの見直しの際には、ぜひご協力させてください。

当社の運営コスト削減のための対策はこちら

社員食堂(オフィス・事務所など)でのフードサービス
人材育成
食材調達


災害対策はどのようにしているか?


大きな自然災害などで施設が被災した場合に備え、どんな対策を行っているのか?
当社は食事のご提供だけではなく、日々の運営や事故・災害対策について、お客様と一体となり対応する姿勢が重要と考えます。具体的な対策として、 重大災害・事故等発生時の体制の組織づくりをする、支援用献立を備えておく、周辺の運営施設から支援できるよう備えるなどを行っています。

災害・事故発生時には、会社を挙げて取り組み迅速かつ正確に上記を行い、ご報告します。
安心してお任せください。

当社の行う災害対策はこちら

災害対策


「食の安全・安心」に対しどのように取り組んでいるのか?


食中毒や異物混入などの食品事故の防止についてどのような取り組みを行っているのか?
HACCPの概念に基づいた独自の衛生基準、作業マニュアルにより、「食の安全・安心」の確保に努めています。

当社の行う安全・安心への
取り組みはこちら

食品衛生